東京商工会議所
  • 掲載申し込み
企業名で検索
企業を探す

コロナ禍でもコーヒー事業を
全面的に見直し、
新製品開発で前向きに挑む。

Un Cafe Sucre株式会社

回答者
代表取締役 楡井 有子
事業内容
コーヒー豆製造販売、自家焙煎コーヒー専門店運営

カフェと卸売部門の売上は激減。雇用とお客様とのご縁は絶対に守りたい

コーヒーが大好き、コーヒーを飲むお客様の笑顔が見られる、「ありがとう」と言って喜んでいただける。この3つが当社の頑張れる原動力。5坪の小さな物販店から始め、コーヒー好きが高じて、自家焙煎にこだわり、23年経った現在では、墨田区内の自家焙煎コーヒー専門店と、軽井沢に焙煎工房兼ショップとカフェの2棟を構え、卸し販売も展開しています。

起業からこれまでも色々な困難を乗り越えてきましたが、今回の新型コロナウィルス感染症のパンデミックにはかつて経験したことのない危機感を抱きました。

当社の売上の大きな柱の1つとしてコーヒー豆を飲食店やデパートに卸していますが、2020年3月時点で既存卸売先の売上高上位20社のうち8割の売上がゼロになり、緊急事態宣言中は当店にコーヒーを飲みに来るお客様もほとんどなく、従業員からは「このまま売上が減ったら自分が解雇されるのではないか」という不安の声も聞こえてきました。工房兼ショップとカフェのある軽井沢は観光地なので、コロナの打撃はかなり大きく、とてもこれまでのような売上は見込めません。

コーヒーを飲んで幸せになって欲しいという一心でやってきた事業なのに、この先どうなってしまうのだろうと、気持ちはどん底でした。

社内の業務を仕切り直し、減少した分を工夫し売上増加へ

うるう年も含めて366日コーヒーのことを考えているほどのコーヒー好きで、一緒に会社として戦っていける正社員雇用にこだわった、その初心を忘れないことが私のモットーです。

まず、早急に手を打ったのが、銀行から半年分の運転資金の融資を得ること。そして社員達に「会社の経営は大丈夫。あなた達の雇用は絶対に守るから安心して仕事をしよう」と伝えました。

墨田区の店舗は、飲食の提供を中止して物販だけとして、営業はずっと継続。カフェは緊急事態宣言中の休業や時短営業要請の対象外の事業です。閉めても営業しても売上の補填はありません。それに休業してお客様が離れてしまうのを懸念しました。コーヒー豆を買いにきてくださるお客様達から「潰れないでくださいね」「頑張ってください」などたくさんの温かな声をいただけたことはとても大きな励みとなりました。

軽井沢の方は、工房に併設していたショップをもう1棟のカフェと一本化し、工房は焙煎専門にして人材を集約。そのスタッフ達でこれまで片手間程度だったオンラインショップの強化に取り組みました。

社員たちと必死に勧化取り組みを進めた結果、飲食で減った売上は物販でカバーでき、卸しが激減した分はオンラインショップでカバーでき、結果的には売上急減の大きなダメージから回復することができたのです。対策に取り組む前の一番悪い時で前年比2割減、その後は黒字の月もあったほど。もちろん雇用もしっかり守っています。

社会に必要とされる企業として持続していくための3つのキーワード

今回のコロナ禍で改めて今後会社をどうしていきたいかと考えた時、「健康」「環境」「癒し」が大切なポイントであり、社会に必要とされる企業しか生き残れず、持続可能が重要な条件だという結論を自分なりに得ました。

そして、私自身がコロナで疲弊して、ふと起業時に買った本を開いて禅語に出会い、「日日是好日」などに大きく心を揺さぶられる体験をしたことから、禅語をネーミングとしてそれぞれの禅語にあったブレンドのコーヒー豆という新商品を開発。クラフト紙にスタンプを押しただけのシンプルなパッケージで環境対策にも配慮しています。お客様に特に人気の禅語は「明珠在有(みょうじゅたなごころあり)」。「みんな幸せを探しているけれど幸せは自分の手の中にもある、それに気づいて」という意味です。これを目玉商品として、新たにウェブサイトを立ち上げ、販売強化を推進していきます。

もうひとつ、健康を考えたカフェインレスのコーヒー「デカフェ」も当社の看板商品でこの販売もさらに拡大していきたいと考えています。コーヒーは適量だと体にいいのですが、カフェインの過剰摂取は健康によくありません。妊婦さんや病気の方などカフェインが摂取できない方もいます。そこで日本で唯一カフェインを取り除く技術を持つ会社と研究開発の段階からタッグを組んで、世界一美味しいと自信を持っているデカフェを製造販売しています。廃棄される二酸化炭素でカフェインを除去する仕組みなので、リサイクルが可能で、これもまた環境にも優しい商品です。

当社のミッションは「コーヒーで世界を笑顔にしたい」ということ。世界中の方が訪れる東京や軽井沢で、これからもコーヒーの仕事に情熱を持って邁進していきたいと思います。

  • 企業名 Un Cafe Sucre株式会社
  • 所在地 〒 131-0032 東京都墨田区東向島2-31-20
  • 創業年 1998年
  • 従業員数 8人
  • 業種 サービス業
  • URL https://cafe-sucre.com