東京商工会議所
  • 掲載申し込み
企業名で検索
企業を探す

金網の新たな
可能性を見出し、
変化に対応する製造業へ

石川金網株式会社

回答者
代表取締役社長 石川 幸男
事業内容
金網の販売・製造・企画メーカー

営業の主軸にしていた展示会が軒並み中止、 コロナ禍における顧客との接点を探る

当社では、新規顧客を開拓するため国内外の展示会へ積極的に出展することを重視しています。
2020年2月にはドイツのアンビエンテの展示会に出展しましたが、当時まだヨーロッパではコロナの感染がほとんどなくコロナはアジアの出来事のように思われていました。
しかし、この展示会を最後に春に予定されていた各地の展示会が次々と中止になっていったのです。

3月以降は売上が徐々に減少傾向へ。幅広い業界に渡っている当社の取引先ではコロナの影響の明暗が分かれました。
プラスチック業界では、フェイスシールドやパーテーションの需要が急増し、最も売上が増えたのはポリプロピレンを材料とする不織布の使い捨てマスクの製造業で、材料に使用する当社のフィルターが消耗品として大幅な売上増加となりました。一方、自動車製造関連は大幅ダウンしてしまいました。

全体で見れば売上は1割ダウンに留めることができたものの、今後を見据えると、展示会出展や対面の営業活動ができない中、対策を講じる必要がありました。

過去最悪だったリーマンショックと東日本大震災の時の教訓を活かす

コロナ禍でもできる営業活動としてまず行ったのは、メールによる従来のお客様の掘り起こしです。
以前の展示会で知り合った方などにメールを送ると、自宅待機やリモートワークの方が多いので通常の多忙な日々よりも時間があるようでメールを見て返信をいただける確率が高く、いずれコロナが収束したら新たな展開を相談したい等の話が上がってきました。

さらに、インターネットの強化に取り組んでいます。
オンラインショップの活性化、コンテンツの充実やSEO対策、フェイスブックやインスタグラムによる発信など、社員が担当して行ってくれており、2021年1月から1年かけてホームページを大きくリニューアルする準備も進めています。
こんな時だからこそ、インターネットによる情報発信や広告宣伝に取り組まなくてはならないと考えました。

当社には、5年ほど前から販売している「おりあみ」という自社製品があります。
布のようにしなやかで紙のように張りがある金網を用いて、紙で折る折り紙のように折ることができるもので、アクセサリーやインテリアをはじめ様々な可能性を持っています。BtoBのみだった当社が文具やホビーなど一般ユーザー向けに開発した成功例ですが、この端緒はリーマンショックと東日本大震災でした。
ずっと右肩上がりで来た当社はあの時、他の製造業各社と同じく大苦境に陥ったのです。それまでの当社は自動車部品や家電製品向けの大量生産がメインでしたが、2つの出来事を機に需要がなくなるリスクが高いと痛感。その売上が落ちた時に代わりとなるような製品を開発しよう、事業ドメインは金網のままだがターゲットを切り替えていこうと思いました。
仕事がなく余った時間を有効に使うべく、自社の加工技術を活かした金網の折り鶴を作りました。
荒川区の展示会でブースに置いたところ、おもいがけず高い評価に。次の展示会で体験コーナーを作りモニター販売したところ売り切れ。ここにチャンスがあると思い、折り紙作家の方に、アドバイスいただき、さらに安全性も高め、開発したのが「おりあみ」です。

常にアイデアを生み出していかないと生き残れない、常に新商品の開発を考えていこうという姿勢はこの時に得たものです。この姿勢はコロナ禍でも変わりません。

ネットワーク作りを要として、新たな挑戦を続ける

金網には金属製やプラスチック製などがありますが、銅でできた金網もあります。当社の金網は99.99%銅の純銅製で、新型コロナウイルスが付着しても2時間で活性化が停止し4時間で死滅するというデータがアメリカの検疫研究機関で実証済みで、OEMで提供していました。これを自社製品「おりあみマスク」として2021年1月から販売開始の予定です。

インバウンド向けに、おりあみのワークショップと当社工場見学を体験していただくプランを、2019年夏から東京都の観光協会から助成金を得て準備してきていました。
コロナが収束したら、このような外国人向けの集客活動にも注力したいとその実現を描いています。

こうした新たな挑戦には、自社だけでなく色々な企業の技術や知識も結集できるネットワークが重要です。当社では、東京商工会議所が開催する商談会だけでなく海外も含めた展示会に多く出展し、ネットワーク作りをとても大切にしています。
お客様からのニーズは一層多様化し、迅速な対応が求められる時代が加速しており、ネットワークを活用して自社の可能性も速やかに広げてチャレンジしていかなくてはなりません。
常にそのビジョンを掲げ、変化への挑戦を続けたいと思います。

  • 企業名 石川金網株式会社
  • 所在地 〒 116-0002 東京都荒川区荒川5-2-6
  • 創業年 1922年
  • 従業員数 38人
  • 業種 製造業
  • URL https://www.ishikawa-kanaami.com